ジャストプロ

NEWS

舞台「悪魔のエレベーター」出演のお知らせ

2018/11/20

三橋 栄香

●公演名:悪魔のエレベーター

https://stage.corich.jp/stage_main/78277

 

●公演日時

12月4日(火)19時00分開演★

12月5日(水)19時00分開演★

12月6日(木)19時00分開演★

12月7日(金)14時00分開演★ 19時00分開演★

12月8日(土)13時30分開演★ 19時00分開演★

12月9日(日)13時00分開演 16時00分開演

※受付開始時間、開場は開演の40分前。

※★はアフタートーク 20分程度を予定。

 

●劇場

テアトルBONBON

 

 

●出演

堤下敦、白石拓也、西郷豊、立山誉、保土田充、田北良平、

三橋愛永、三橋栄香、十条太助、中山佳祐、関美恵子、長瀬貴博、山川真生

 

●脚本

マッキー

 

●演出

木下半太

 

●チケット

【発売日】2018/11/20

【前売&当日共】

S席 7000円(前2列・/指定席)

A席 一般 5000円(S席以外/自由席)

A席 22歳以下 4000円(当日受付にて証明を提示)

 

A席 一般(平日割) 4500円(S席以外/自由席)

(平日割 12月4日(火)~7日(金)までの公演のみ対象)

 

●予約申し込みURL

https://ticket.corich.jp/apply/96230/022/

※未就学児童入場不可

 

●あらすじ

後頭部の強烈な痛みで目を覚ますと、

緊急停止したエレベーターに、

ヤクザ、オカマ、自殺願望のメンヘラ女と閉じ込められていた。

 

浮気相手の部屋から出てきたばかりなのに大ピンチ!

しかも、三人には犯罪歴があることまで発覚。

精神的に追い詰められた密室で、ついに事件が起こる。

 

原作は天才作家木下半太のベストセラー小説「悪夢のエレベーター」。

 

実写化、映画化、舞台化と

進化を遂げてきたあの作品のリメイク版が、

舞台になってかえってきた。

 

脚本は、悪夢のエレベーターに登場する

オネエのモデルとなった、マッキーが担当。

 

更に、演出家には木下半太。

 

プロデューサーに、

恋愛コラムニストのyuzuka、

主演に堤下敦という異色のコンビネーション。

 

「燻っている役者に、夢を」をコンセプトに、

舞台の仕組み作りから始めたこの作品、成功か、失敗か。

あなたの目で確かめて。

 

 

●スタッフ

脚本:マッキー

演出:木下半太

監修:yuzuka

映像制作:ヘループ株式会社

フライヤーデザイン:井上裕一(デザイナー)

長谷川哲二(コピーライター)岩越慧(カメラマン)ロゴ(soda)

協力 株式会社Hatch inc. (予告動画)

舞台監督:海老澤栄

照明:牟田耕一郎(ママコア)

音響:Motoki Shinomy

制作:鉾木

企画/プロデューサー:yuzuka

企画製作:peek a boo、渋谷ニコルソンズ

原作:木下半太「悪夢のエレベーター」

 

  • トップへ

TOP